【インドネシア】国内航空各社、無料コロナ抗原検査を実施[運輸]

© 株式会社NNA

ガルーダ・インドネシア航空は3月中の国内線搭乗者を対象に抗原検査の無料キャンペーンを実施する(同社ホームページより)

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空は5日、国内線搭乗者を対象に新型コロナウイルスの抗原検査を無料で実施すると発表した。

3月2~31日にガルーダ・インドネシア航空の公式サイト、モバイルアプリ、予約センター、直営店から航空券を購入した旅客が対象となる。支払い手続き完了後、登録したメールアドレスに抗原検査のチケットが届き、主要33都市の全66カ所の指定医療機関で検査を受けることができる。抗原検査の結果は、搭乗前に入力が必須となる保健省の電子ヘルス・アラートカード(e—HAC)へ登録されるので、検査からチェックインまでの行程を一体化できるという。

■ライオンエア・グループは対象拡大

格安航空会社(LCC)ライオンエア・グループのラインオンエアと傘下のバティックエアは3日、一部の路線で実施していた無料抗原検査の対象を、国内14都市70路線に拡大すると発表した。新たに首都ジャカルタ—東ジャワ州スラバヤ間、ジャカルタ—バリ間などの路線を追加した。

追加路線は同日の搭乗分から有効で、5日時点で終了期限は定まっていない。搭乗客はガルーダと同様に抗原検査のチケットを航空券購入後に取得し、全国30カ所の指定の医療機関などで検査を受けられる。