更年期障害、症状始まる年齢と治療法

© 株式会社福井新聞社

年齢に応じた女性ホルモン(エストロゲン)量の変化

 30代まで安定していた生理周期が乱れるようになりました。PMS(月経前症候群)の症状も強く感じ、生理前のイライラが止められず家族に強く当たることもあります。「更年期障害の始まりだね」と言われることもありますが、怖くて心配で確かめることができません。更年期って何なのか、どうしたら症状が治まるのか教えてください。(40代女性)

【お答えします】伊藤有紀子・福井大学医学部附属病院総合診療部特命助教

■女性ホルモン減り心身に影響

 PMSの症状でお困りとのこと、おつらいですね。女性の身体は、自分でコントロールできない女性ホルモンに大きく影響されています。

 女性のライフステージは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量に従い分類されます。20歳からは性成熟期ですが、30代後半から40歳前後にエストロゲンは減少してきます。その後エストロゲンが急激に減少、卵巣機能が衰えてくる時期を更年期といい、閉経を挟んだ前後10年間となります(多くは45~55歳ごろ)。

 エストロゲンが不足した影響で卵巣機能の低下と自律神経の乱れを伴います。頭痛やめまい、しびれといった神経の症状、のぼせやほてり、冷えや動悸(どうき)といった自律神経の症状、肩こりや腰痛といった運動器の症状、食欲不振や喉のつかえといった消化器の症状、月経周期の変化や頻尿、外陰部の違和感といった生殖器系の症状など多岐に渡ります。女性ホルモンはその抗うつ効果・抗不安効果から、心の調子にも影響します。

■自分を責めず早めの受診を

 ただ更年期障害はホルモン以外に環境にも大きく影響されます。仕事や家庭で大変な業務を任されやすい時期のため過剰なストレスにさらされやすく、より多様な症状に悩まされます。ホルモンが減るのは自然の経過ですので、イライラしたりするのは当然です。自分を責めずに、その感情を受け止めてあげましょう。

 女性ホルモンを補う治療や、漢方を含めた症状に合わせた治療を行います。症状を丁寧に確認、女性ホルモン値のチェックなどして、本人に合った治療を相談しながら行いますので、かかりつけ医や婦人科などで早めに相談することをおすすめします。

 また30代後半から更年期の時期は女性ホルモンの変動も相まって、さまざまな疾患が表面化してくる時期です。家庭や仕事で自分のことが後回しになっている方はぜひとも健康診断を含めた自分の身体のメンテナンスをする時間をつくるように心がけましょう。周囲の方は、悩んでいる女性の方の不調に寄り添ってもらえるとうれしいです。