アナフィラキシー5人発症

コロナワクチン接種後、新たに

© 一般社団法人共同通信社

厚生労働省が入る庁舎

 厚生労働省は8日、新型コロナウイルスワクチンを接種した20~50代の女性5人が、重いアレルギー反応のアナフィラキシーを発症したと発表した。息苦しさや頻脈といった症状が出たが、いずれも投薬をするなどして症状は改善した。うち2人が経過観察の目的で入院した。

 コロナワクチン接種後のアナフィラキシー発症は国内で計8例となった。

 厚労省によると、いずれも8日に米ファイザー製のワクチン接種を受け、5~30分以内にのどの違和感やじんましん、息苦しさなどの症状が出た。4人はアレルギーやぜんそくなどの基礎疾患があったという。