県、往来自粛を継続要請 4都県緊急事態宣言延長で

©株式会社岩手日報社

 

 県は8日、南関東1都3県を対象とした新型コロナウイルス緊急事態宣言の延長を踏まえ、引き続き帰省や旅行など不要不急の往来自粛を県民に要請した。転勤や進学の多い年度末から年度初めに県外から来る際は2週間、直前にいた自治体での自粛継続を求める。

 東京、埼玉、千葉、神奈川との往来自粛は21日まで。独自に不要不急の往来自粛などを要請している群馬の一部と愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の計6府県との往来は慎重な判断を促す。