吉村崇&桐山照史MC番組、TBS新設「日曜グランプリ」枠の最初のレギュラーに

© 株式会社マイナビ

TBSではGP帯に輝く新レギュラー番組の誕生に向け、日曜13時30分から13時57分に「日曜グランプリ」枠を新設する(※放送は一部地域をのぞく)。この枠は、GP帯のレギュラー番組の開発を目的とし、1クール10本単位で新番組を放送。既存の「土曜☆ブレイク」枠などで放送した新規の単発番組の中から、期待の持てる番組を編成していく。

記念すべき最初のレギュラー番組に、『爆笑!ターンテーブル』が決定。4月11日からスタートする。『爆笑!ターンテーブル』は、昨年4月に深夜帯で初登場し、7月に土曜☆ブレイク枠で第2弾を放送、10月にはついにゴールデンに進出。この時の放送ではTwitterの日本トレンド1位、世界トレンド3位になるなどSNSを席巻。さらに年末のゴールデン放送でも日本トレンド1位に。そんな勢いに乗る“笑う音楽バラエティ”が、「日曜グランプリ」のオープニングを飾る。

同番組は、芸人がアーティストになりきって自ら作詞、時には作曲し「笑える新曲」を披露するゴングSHOW。4月からの放送でも、第7世代芸人を筆頭に旬の人気芸人やタレントたちが、様々な「笑える新曲」をターンテーブルを模した巨大回転ステージ上で次々に披露。歌の半分の時点で、ゲスト審査員が「もっと聴いていたいか」を判定し、審査員全員が「もっと聴きたい」と判定すれば、そのまま完奏することができる。しかし聴きたいと判定しない審査員が1人でもいた場合は、せっかく作ってきた曲もそこで強制終了に・・・。出場者たちが完奏を目指して本気でチャレンジする。

MCを務めるのは、初回放送からMCを務める平成ノブシコブシ・吉村崇とジャニーズWEST・桐山照史。番組初回は初タッグだった2人だが、回数を重ね培ったコンビネーションで番組を盛り上げる。そして、「笑える新曲」を披露するアーティストたちも勢いそのままにさらにパワーアップ。この番組でしか見ることのできないアーティスト同士のコラボレーションや、新たなスターが誕生する場面も!?

吉村は「日曜日のこんな上質な時間で大丈夫か? と思いました。結構味濃いめのジャンク芸人も出ますから。是非何も考えずに笑ってください。そんな時間があってもいいと思いますので。一緒にスター芸人を作りましょう!」とコメント。

桐山は「皆さんの応援のお陰で、こういう機会を頂けて本当に嬉しいです。『爆笑!ターンテーブル』は新しいスターが生まれる番組だと思っています。『日曜グランプリ』枠でも新たな出会いを期待しています。僕自身も、吉村さんに『良いコンビだ』と言ってもらえるようMC力をつけていきたいです。日曜のお昼にゆっくりしている皆さんに元気をお届け出来るよう頑張ります!」と意気込んでいる。

(C)TBS