東大前期、2993人合格

女性は2割、「通過点」と副学長

© 一般社団法人共同通信社

東京大学=東京都文京区

 東大は10日、2次試験前期日程の合格者2993人を発表した。うち女性は598人で、割合は20.0%。新型コロナ対策で昨年に続き大学構内での掲示はせず、ホームページ上で行った。前期日程には9089人が出願していた。

 記者会見した福田裕穂理事・副学長は「東大の女性比率の少なさは世界的にあり得ないと言われており、20%は通過点。東大に来た女性が日本や世界で活躍するキャリアパスを示したい」と述べ、さらなる改善が必要とした。

 帰国子女らが対象の特別入試も同日、42人の合格を発表。発表済みの推薦入試を含め、全合格者に占める女性の割合は21.1%で、過去最高となった。