SF鈴鹿公式合同テスト初日午後は新カラーのインパル勢が好調さを見せる。関口、平川が1-3

©株式会社サンズ

 全日本スーパーフォーミュラ選手権の第1回公式合同テストは3月11日、晴天の下鈴鹿サーキットにてセッション2が行われ、関口雄飛(TEAM IMPUL)が1分36秒822でトップタイムを記録した。2番手には福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が続き、3番手には平川亮(TEAM IMPUL)がつけた。

 風もほとんどなく、晴天に恵まれた11日午後の鈴鹿サーキット。手元の計測で気温15度、湿度41%というコンディションのなか、セッション2は定刻通りとなる15時からスタート。午前のセッション1でマシンを止めた野尻智紀(TEAM MUGEN)はセッション開始と同時にコースインし、午前中10周しか走れなかった鬱憤を晴らすかのように、開始12分のところで1分38秒624を記録して一時トップに浮上する快走をみせた。

 午前中に行われたセッション1から気温が8度も上昇しているため、大きなアクシデントもなく、各陣営は着々とメニューをこなしながら1分38〜40秒台での走行を続ける。そんななか、開始36分のところで平川が1分38秒021を記録してトップに浮上する。

 残り20分を切ったセッション終盤に差し掛かると、続々とアタック合戦が開始される。真っ先に1分37秒台に入れてきたのは阪口晴南(INGING MOTORSPORT)で、1分37秒730を記録。しかし、直後に関口が1分37秒338を記録してトップに浮上した。

 さらに、残り時間が5分をきると続々と37秒台に入るドライバーが現れるなか、最終周にアタックを敢行した関口が1分36秒822を記録して再びトップの座を奪還し、11日のセッションを終えた。2番手には福住仁嶺が続き、3番手には平川亮がつけ、上位3台までが1分36秒台を記録している。

 4番手は大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)、5番手には阪口晴南(INGING MOTORSPORT)がつけ、6番手には宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)がつけることに。この日がスーパーフォーミュラ初ドライブとなったジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)は14番手、小高一斗(KCMG)は16番手でセッションを終えている。

 鈴鹿サーキットで行われているスーパーフォーミュラ第1回公式合同テスト、続くセッション3は12日9時から、セッション4は12日14時からそれぞれ2時間で行われる。

福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
平川亮(TEAM IMPUL)
大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)
阪口晴南(INGING MOTORSPORT)
宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
野尻智紀(TEAM MUGEN)
ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)