BMWがセーフティカー3台&セーフティバイク1台を公開。2021年のMotoGPで使用

©株式会社サンズ

 BMWは3月9日、2021年シーズンのロードレース世界選手権MotoGPで使用するオフィシャルカーを公開した。セーフティカーはM3、M4、M5 CS、セーフティバイクはM1000RRが走ることとなる。

 BMWの研究開発部門であるBMW・M社は、1999年からチャンピオンシップのオフィシャルスポンサーとして、オフィシャルカーを供給している。

 2021年は『M3』、『M4』、『M5 CS』の3台のセーフティカーと『M1000RR』の1台のセーフティバイクを使用し、3月26~28日に開催される第1戦カタールGPでデビューを果たす。

2020年のMotoGPで使用されたオフィシャルカー(セーフティカーやセーフティバイク)

 これまではモータースポーツホワイトのカラーリングが使用されてきたが、『M3』がフローズングレーダークメタリック、『M4』がサンパウロイエロー、『M5 CS』はフローズンディープグリーンメタリックとなる。そして『M1000RR』はスーパーバイク世界選手権(SBK)でも使用されるMカラーが施された。

 また、4月16~18日の第3戦ポルトガルGPではセーフティカーとして『M8クーペ コンペティション』、『M8グランクーペ コンペティション』、メディカルカーとして『X5 M』、セーフティバイクとして別の『M1000RR』が加わる予定だ。

2021MotoGP:セーフティバイクとして使用されるBMW M1000RR
2021MotoGP:セーフティバイクとして使用されるBMW M1000RR
2021MotoGP:セーフティカーとして使用されるBMW M4
2021MotoGP:セーフティカーとして使用されるBMW M4
2021MotoGP:セーフティカーとして使用されるBMW M3
2021MotoGP:セーフティカーとして使用されるBMW M3
2021MotoGP:セーフティカーとして使用されるBMW M5 CS
2021MotoGP:セーフティカーとして使用されるBMW M5 CS