国内1319人感染、45人死亡

コロナ、重症者は10人減

© 一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 国内で11日、新たに1319人の新型コロナウイルス感染者が確認された。緊急事態宣言が再延長された1都3県のうち、東京は335人で直近7日間の平均が前週を上回った。埼玉126人、神奈川125人、千葉122人で大きな減少は見られない。首都圏以外では、大阪88人、北海道71人、愛知66人など。

 死者は東京18人、千葉と神奈川で各4人など計45人が報告された。厚生労働省によると、重症者は354人で前日から10人減った。

 また沖縄の計8人が英国由来の変異株に感染していたことが確認された。沖縄での変異株感染の確認は初めて。佐賀で過去の感染者1人の取り下げがあった。