分厚い牛タン3枚を大胆に 由規選手をイメージ、厚切り牛タンバーガー販売 埼玉武蔵HBが新メニュー

©株式会社埼玉新聞社

由規選手をイメージした新メニュー「厚切り牛タンバーガー」(右)と「ずんだシェイク」(提供)

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズ(本拠地・熊谷市)のオフィシャルショップ&カフェ「ベアーズカフェ」は、今年1月に新入団した由規選手をイメージした新メニュー「厚切り牛タンバーガー」と「ずんだシェイク」を13日から販売する。

 新バーガーは、宮城県仙台市出身の由規選手の大好物である牛タンを大胆に3枚挟み込んだ。塩レモンの爽やかな香りと、分厚い牛タンのハーモニーが楽しめる。シェイクは、ずんだの食感にこだわって大きめの粒を採用した。

 同カフェは、球団オーナーの温泉道場(ときがわ町、山崎寿樹社長)が運営する「おふろカフェ ビバーク」(熊谷市久保島)内に常設。アメリカのボールパークのような雰囲気で、選手好みの具材を盛り込んだハンバーガーを楽しんだり、球団グッズも購入できる。選手が店頭に立ってファンをもてなす一日店長企画などのイベントを定期的に行い、「選手に会いに行けるカフェ」として人気を博している。

 価格はバーガー単品968円、セット1480円、シェイク単品418円(いずれも税込み)。詳細は同店ホームページで。