第三者委「八丁味噌登録は適当」

ブランド守る地理的表示制度で

©一般社団法人共同通信社

 愛知の豆みそ「八丁味噌」が農林水産物などのブランドを守る地理的表示(GI)保護制度に登録されたことを巡り、農林水産省が設置した第三者委員会は12日、「(農水省の登録は)違法・不当な処分とは言えず、判断は適当だった」とする報告書を公表した。制度の対象から漏れた愛知県岡崎市の老舗業者が登録の取り消しを求めており、第三者委で是非を検証していた。

 農水省は2017年12月、愛知県全体を生産地とし、近代的な製法で生産する業者も加盟する組合の製品を保護対象に認定。老舗業者の組合は「八丁味噌は岡崎市八帖町で伝統的製法で生産するみそを指す」と主張し取り消しを求めていた。