ジョン・レノンの母の誕生日に合わせて「Mother」の映像が4Kリマスターで公開

© ユニバーサル ミュージック合同会社

Photo: © Yoko Ono Lennon

ジョン・レノンがザ・ビートルズ後に発表した初のソロ・アルバム『ジョンの魂(John Lennon/Plastic Ono Band)』のオープニング曲「Mother」の4Kリマスターされた映像が公開された。この曲は、ジョンの母であるジュリアの生誕107周年と、イギリスで今週末に行われる母に感謝する「マザリングサンデイ」を前に、新たに披露されることになった。

今回公開された「Mother」は、2021年4月16日に発売となる8枚組のスーパー・デラックス・ボックスセット『ジョンの魂(John Lennon/Plastic Ono Band)』に収録されるUltimate Mixが使用されたものとなっている。

<動画:MOTHER (Ultimate Mix, 2021) – Lennon & Ono w The Plastic Ono Band (Official Music Video 4K Remaster)

4Kリマスターされたこの映像では。ジョンの幼少期や人生の重要な瞬間の断片的な記憶を、オリジナルの写真を使って再構成している。母親のジュリア、父親のアルフレッドだけでなく、幼少期から10代の大半を育ててくれたミミおばさんとジョージ・スミスおじさん、ビートルズのマネージャーであるブライアン・エプスタインなど、母親や父親との関係が描かれている。

また、この映像ではジョンが妻のヨーコ・オノ・レノン(息子のショーンと一緒に親になった5年後の1980年に「Mother」という愛称で呼ばれていた)と一緒にいるところも使用されている。ジョンは、ショーン・オノ・レノンとジュリアン・レノンの父親として描かれて、そしてジョンが亡きあと、妻、息子たち、家族、そして世界中の人々に惜しまれているジョンの存在を取り上げている。

このビデオは、ヨーコ・オノ・レノンがプロデュースし、サイモン・ヒルトンが監督・編集、デビッド・フレアーソンが3D合成を担当。元々は2003年に発売されたDVD『Lennon Legend: The Very Best of John Lennon』のために制作されたものだ。Bob Gruen、Stanley Parkes、Geoff Rhind、Robert Freeman、Jack Mitchell、Iain Macmillan、Paul Goresh、Joyce Ravidらによる写真が使用されている。

Written by Paul Sexton

___

ジョン・レノン『ジョンの魂(John Lennon/Plastic Ono Band)』50周年記念盤
2021年4月16日発売