太平洋側での大雨警戒呼び掛け

前線と低気圧に湿った空気

© 一般社団法人共同通信社

気象庁=東京都港区

 気象庁は13日、太平洋側を東に進む前線を伴った低気圧に暖かく湿った空気が入る影響で、大気の状態が非常に不安定になるとして、大雨に警戒を呼び掛けた。東日本では13日夕、東北の太平洋側では14日明け方にかけて、土砂災害や河川の増水、氾濫に注意が必要だ。激しい突風や落雷が起きる可能性もある。

 気象庁によると、低気圧は13日は紀伊半島から太平洋沿岸を東へ進む。14日は三陸沖から北東へ移動する。13日午前は東海地方で大雨となった。レーダーの解析では、三重県大紀町付近で午前3時半までの1時間に約120ミリの猛烈な雨となった。