中国、海警局の武器使用「自制」

尖閣周辺活動で日本に説明

© 一般社団法人共同通信社

沖縄県・尖閣諸島周辺で確認されたことがある中国海警局の艦船。機関砲のようなもの(丸印)を搭載している(第11管区海上保安本部提供)

 中国海警局の艦船が沖縄県・尖閣諸島周辺で活動する際、海上保安庁の巡視船や日本漁船に対する武器使用や強制退去を「自制している」と、中国政府が日本政府に伝えていたことが13日、分かった。日本は尖閣は日本固有の領土だと反論し、領海侵入などの中国側の活動自体を強く批判した。複数の日本政府関係者が明かした。

 海警に武器使用を認めた2月1日の海警法施行後、中国側の運用方針が明らかになるのは初めて。海警法施行に対する日米両国の反発が想像以上に強く、偶発的な衝突などによる事態の悪化は避けたいとの狙いが中国側にありそうだ。