東京都心で桜が開花

平年より12日早く

© 一般社団法人共同通信社

開花したソメイヨシノの標本木を見上げる参拝客ら=14日午後、東京都千代田区の靖国神社

 気象庁は14日、東京都心で桜が開花したと発表した。都心部の観測史上最も早かった昨年と同じ開花日で、平年より12日早い。今後、1週間から10日ほどで、満開を迎えそうだ。

 標本木のソメイヨシノがある東京都千代田区の靖国神社では午後2時ごろ、東京管区気象台の職員が咲き具合を観測。基準となる5輪の開花を確認した。