「集結した覚悟がある」 阪神Womenの“天才打者”が見据える史上初のNPB球団対決

© 株式会社Creative2

精力的に練習に励む「阪神タイガースWomen」の三浦伊織主将【写真提供:阪神タイガース】

阪神タイガースWomenの三浦伊織主将は女子プロ野球リーグで前人未到の通算500安打を達成

阪神が立ち上げた女子硬式野球クラブチーム「阪神タイガースWomen」の三浦伊織主将が、Full-Countのインタビューに応じた。女子プロ野球リーグで前人未到の通算500安打を達成したレジェンドが、女子野球普及に懸ける思いを語った。全3回の第2回は、相次ぐ新チーム参入で活気づくアマ球界への期待について。

2月11日の全体練習で本格的にスタートを切ったチームは、5月に開催される予定の関西女子硬式野球ラッキートーナメントを皮切りに、関西女子野球連盟と全日本女子野球連盟が主催する大会に参加する。三浦は「トーナメントですし、負けたらいけないプレッシャーの中で、また違う野球の楽しさがあるんじゃないかなと思っています」と新たな挑戦に目を輝かせた。

ここ2年で女子クラブチームの勢力図は変わりつつある。西武と阪神が立ち上げたチームのほか、企業が支援するチームが相次いで参入。女子プロ野球リーグで活躍した選手がアマチュアチームに移籍するケースも目立つようになった。

「女子プロからアマチュアに行った方たちが、傍から見て楽しそうに見えました。ジャパンで一緒にやったメンバーもアマチュアにたくさんいますし、そっちのみんなと対戦したいなという気持ちにもなりました」と率直に明かした三浦。女子野球普及への熱い思いに加え、レベルも上がり、盛り上がるアマチュア球界に新たな魅力を感じたことも移籍を決める一因になった。

NPB女子クラブチームの参入に期待「1チームでも増えることで、もっともっと注目を浴びると思います」

三浦と並ぶ天才打者と言われた川端友紀内野手がプロ引退後に選手兼コーチとして入部したエイジェックは、創部2年目の19年に全日本女子硬式野球クラブ選手権優勝。昨年は西武ライオンズ・レディースが初出場初優勝した。元プロ選手が在籍する新規参入チームが新たな風を吹き込んでいる。

川端を慕う三浦は「川端選手のいるチームに勝てたらなという思いはあります。いい勝負をすると、女子野球のレベルも上がったと捉えてもらえる。そういう部分では川端選手と2人で引っ張っていけたらなと思います」とアマチュア球界全体のレベルアップを見据える。

見どころは三浦と川端の対決だけではない。史上初となるNPB球団対決は、大きな注目を集めるに違いない。昨春誕生した西武ライオンズ・レディースにはワールドカップで3大会連続MVPに輝いた里綾実投手ら元プロ4人が在籍。誕生したばかりの阪神タイガースWomenにもプロからの移籍組が8人いる。いずれ実現するであろう西武ライオンズ・レディース戦に向けて三浦は「楽しみです。相手は強いと思いますが、こちらもタイガースの新チームとして集結した覚悟があるので。しっかり準備をして臨みたいです」と力を込める。

現在2チームのNPB女子クラブチームが今後増えていくことにも期待している。「1チームでも増えることで、もっともっと注目を浴びると思います」。もちろんチームが増えても魅力がなければ、世間の関心が長続きしないことは百も承知だ。「どんどん広まっていくためには私たちのレベルも上げないと注目してもらえないですし、野球だけではく、自分たちのやっていることをSNSでも率先して発信していきたいです」と語る。

現在の日本代表(マドンナジャパン)には、エイジェックから6人、西武ライオンズ・レディースから4人、阪神タイガースWomenから三浦を含めて3人が選ばれている。いずれもこれからの女子野球界を名実ともに引っ張っていく存在。互いに切磋琢磨ながら女子野球会にさらなる新風を巻き起こす。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)