キャンプの手法を取り入れた大学生活が学びを変える 非日常的なシチュエーションでの先取り学習が生んだもの

© 株式会社瀬戸内海放送

大学のキャンパスにキャンプという「手法」を注入し、教室に留まらず広大な敷地全体を学びと創造の場にしようとする取り組みが、兵庫県三田市で進められています。その舞台になったのは、関西学院大学 神戸三田キャンパス(以下、KSC)。

娯楽施設に乏しいロケーションのキャンパスを、ただ授業を受けて帰るだけの場所から脱却させ、豊かな自然環境を活かした「Camping Campus(キャンピングキャンパス)」に生まれ変わらせる構想には、KSCに通う学生たちも主体的に関わっています。

キャンパスに張られたテントのなかで議論を交わす

活動の一環として始められたのが、アウトドア用品メーカー・スノーピークとのマイボトルの共同開発です。その目的は、KSCで消費される年間27万本ものペットボトルを、約10万本削減するというもの。学内に張られたテントで、学生とスノーピークの社員が寝食をともにしながら議論を重ねるなど、ミッションの達成に向けてはさまざまな努力が積み上げられてきました。

商品開発に携わったのは、数十人にもおよぶ有志の学生グループ・CAMP×US(キャンプアス)。社会に飛び出す前の段階で「働く」という行為の実像や仕事観を「予習」しています。今回、リモート形式の取材に応じてもらえた5人のメンバーに、活動にかける思いや今後の展望を聞きました。

“陸の孤島”を逆手に取って、愛着を持てるキャンパスに

取材はリモート形式で行われた

Camping Campusを象徴するアイテムであるテントがKSCの敷地内に現れたのは、2019年5月末のことでした。唐突な出来事に接した際の印象を、総合政策学部2年の二栢紫穂さんはこう振り返ります。

「(テントが)急に張られたので謎やったんですけど、そこで先生含めて話し合ってる人たちがいる。気になってうろちょろして、『何してるんですか』って聞いたのが(CAMP×USに)参加したきっかけだったので」

総合政策学部と理工学部(※)の2学部が同居しながら、お互いの接触の機会はごく限られていたKSC。テント自体の存在感もさることながら、非日常的な空間が考えや視点の異なる学生同士の出会いの契機になっていることに感銘を受けたといいます。

コーヒーの抽出を通じた交流の様子

それもそのはず、テントの設置にあたっては学生グループと事務室の間で、学部間交流を活発化することで大学生活を充実させるための議論が繰り広げられていたのです。その中で運営の方向性を決定づけたのが、ある女子学生からの「これだけ自然があるんだから、キャンプをすれば学生のふれあいが生まれるのでは」という声でした。

当初は試験的に学舎内に設けられていたテントですが、次第に屋外への設置や宿泊を望む意見が。先例のないチャレンジだけに、新たな価値創造の足掛かりになるとの見立てもあって学長の心まで動かし、ついには特例的にKSCでのキャンプが許可されました。その後、実際に行われたキャンプの場で、学生グループはCAMP×USを名乗ることになります。

プロジェクトには学長も積極的に関与。「マイボトルに対してアドバイスをくれるっていうところに、大人の余裕を感じて(二栢さん)」

一方、並行して進められていたのが、大学とスノーピークとが包括連携協定を結ぼうという動き。水面下で話題になっていたマイボトル開発に、学生のアイデアを取り込むことで両者の見解が一致し、郊外型キャンパスならではのプロジェクトが走り始めました。

※2021年4月に理学部、工学部、生命環境学部、建築学部に再編

学部間の“見えない壁”を取り払い、違いを力に

2020年2月、CAMP×USのメンバーはプロジェクトの肩慣らしともいえるプレ・キャンプに臨みました。スノーピークの社員も招かれたプレ・キャンプでは、Camping Campusに秘められた可能性やKSCが取り組むべきSDGsについて、本音の議論が交わされることに。そのなかで議題に上がったのが、かねてから大学とスノーピークの間で調整が続けられてきたマイボトルの普及、そしてペットボトル消費量の削減でした。

他学部の学生、学内ではなかなか接点を持てない社会人と焚火を囲んで話したり、バーベキューをしたりといった経験は、CAMP×USのメンバーにとって大きな刺激になったそう。理工学部2年の中西杏菜さんは、こんな言葉を聞かせてくれました。

「理工学部だと、どうしてもペットボトルの悪影響だとか数だとか、そういうところを見がちなんですけど、総合政策学部の方たちの話を聞いてると、どうやって地域を巻き込むのかとか、そういう話が多く出てきて。2学部だからこそ、広い視野で進めていけたと思います」

スノーピークの社員はとてもフランクだったとのことで、プレ・キャンプを終えて本格的な商品開発に移って以降も、円滑なコミュニケーションができた

その後、6月の包括連携協定締結を受けて、8月には商品開発が本格化。おおよそ1か月おきにディスカッションを開いては、マイボトルのサイズ、素材、デザインなどを固めていきました。

「最初はカラーリングも、関学のエンブレムにある赤とか黄色とか青とか、そういう色の入ったデザインも案として出てきたんですけど、やっぱり卒業して社会人になってからも使うっていうところで、できるだけシンプルなデザインの方がいいよねって話になって」

人間福祉学部から参加している2年生の森山和さんがそう話す通り、最終的に浮かび上がったコンセプトは「卒業後も使えるマイボトル」でした。商品サンプルが届くと、手触りや光沢感、汚れの目立ちやすさなどに関して、意見が対立することこそあったものの、何に重きを置くべきかが明確になったことでメンバーはひとつに。リアルとオンラインの組み合わせによる意思疎通の難しさも乗り越えていきました。

実際に触れることでしか分からないマイボトルの質感を言語化し、すり合わせる過程には困難が伴った

強制参加ではない、ゆるやかなつながりをまとめ上げる立場を担った理工学部4年の和田雄介さんは、合意形成に至るまでの一連のやりとりをこのように語ってくれました。

「ペットボトル消費量を減らすっていうのも、社会に出てから持ちたいって思えるようなマイボトルっていうのも議論の軸だったんで、意見が対立してもできるだけそこへ戻るようにして。(少数派の意見も)切って捨てるんじゃなくて、みんなが納得できるように意見を重ねていく時間は長く取ったように思います」

お互いに手を取り合ってこそ、生み出せるものがある

スノーピーク製品の修理は永久保証。「卒業後も使えるマイボトル」というコンセプトにもかなっている

2021年3月現在、CAMP×USは商品開発をほぼ終え、4月の販売開始に向けて広報戦略を練るステップに入っています。この間、スノーピークの社員、大学の事務方、さらには学長と、たくさんの大人との関わってきたメンバーですが、どのような感触を得たのでしょうか。総合政策学部2年の田村隆典さんからは、こんな答えが返ってきました。

「仕事にワクワクしてるのが、僕たち学生からしたら驚きで。社会って聞くと、満員電車に揺られて、いやいや出勤してとか。そういうイメージなんですけど、ワクワクしながら仕事をしている姿を見て、自分もワクワクし続けられる何かを探してキャリアを積んでいけたらいいなって、楽しみに変わりました」

また、ビジネスの一端を垣間見たとの声もあります。

「ミーティングに入ってくださる社員さんもいれば、後ろで動いてくださる社員さんもたくさんいるのを知って。期日があるなかで3、40人いる学生の声をまとめるのはたいへんだったんですけど、みなさん、すごい協力してくださって。その商品開発の過程を見られたっていうのは、貴重な経験だったと思います(森山さん)」

自動車通学が目立つKSC。車のドリンクホルダーに収まるサイズ感も学生の声によるもの

「自分ができること、できないこととか、他の子たちが勝っている部分とか、すごいはっきりしたんで。そのなかで一緒の目的に向かって協力したら、こんなにおっきなこと成し遂げられるし、1+1が3にも4にもなるんやなって、すごい実感したんで(和田さん)」

キャンプという非日常は、学生と社会の関係性を取り持ち、卒業後の生き方に指針を与えてくれたよう。新型コロナウイルスの影響もあり、プレ・キャンプ以降は宿泊を伴う活動は休止を余儀なくされていますが、それでも光は見失っていません。特に三密を避けて焚火を囲み、KSCの未来を語り合う「焚火Talk」は、学内に友達ができずにいた1年生にとっては、貴重なコミュニケーションの場にもなりました。

25人の定員制とし、マスクの着用をはじめ感染症対策を徹底して行われた焚火Talk

またこの4月には、マイボトルを持参した学生を対象にコーヒーや紅茶を無料で提供すると同時に、学生と企業が出会う空間にもなる「BIZCAFE」がオープン予定。プロジェクトはいよいよ、KSC全体に広がりを見せることになります。

「(西宮)上ヶ原(キャンパス)が都会にあって、三田が少し田舎サイドにあるっていう。自然と優劣でもないですけど、生まれてくるものがあって。でも、三田がまとまったっていうか、三田でよかった、三田が一番みたいな(田村さん)」

マイボトルという目に見える成果を残しただけでなく、KSCへの愛着、学生同士の一体感を醸成するなど、多くの実りがあった今回の取り組み。大学の型にとらわれないCamping Campus構想は、今後も従来にない学びのあり方を提示し続けることでしょう。

ほ・とせなNEWS編集部