「コミックいわて」は10周年 19日に第10弾発売

©株式会社岩手日報社

シリーズ10作目となる「コミックいわて+」の表紙

 本県を題材にしたマンガ作品集の第10弾「コミックいわて+(テン)」は19日、県内の書店などで発売される。12本の読み切り作品のほか、最初の発刊から10周年を記念して、著名な漫画家ら18人のサインを収めている。

 10周年記念でマンガ郷いわて特別賞を受賞したさいとう・たかをさんや弘兼憲史さんらがメッセージサインを寄せた。雫石町在住の漫画家そのだつくしさんは、八幡平市がリンドウ栽培をきっかけにルワンダの五輪ホストタウンに決まったストーリーを漫画で紹介。東日本大震災10年に関連した作品も掲載する。

 A5判、240ページで800円。初版は3500部。