ワクチン休暇検討―加藤氏

接種普及へ協力要請も

©一般社団法人共同通信社

記者会見する加藤官房長官=15日午前、首相官邸

 加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチン接種の普及に向け、接種時間の確保や副反応に対応するため企業側に休暇取得への協力を求める可能性に言及した。「安心して接種できる環境整備が重要だ。経済界への働き掛けや国家公務員の扱いを含め、どのような対応が可能かを検討したい」と述べた。

 同時に「接種の強制にならないよう、しっかりと留意するのは当然だ」とも指摘した。