中国・北京、激しい黄砂でかすむ

気象台「ここ10年で最強」

©一般社団法人共同通信社

黄砂の影響で黄色にかすむ北京市内=15日(共同)

 【北京共同】中国北部から隣国モンゴルにかけて15日、大規模な黄砂が発生し、北京市にも飛来して街全体が濃い黄色にかすんだ。中国中央気象台は、中国が遭遇した黄砂のうち、ここ10年で「最も強烈で範囲も広い」と発表した。

 中国メディアによると、北京市中心部では粒子状物質「PM10」の濃度が一時、1立方メートル当たり8108マイクログラムを記録し、6段階ある大気汚染指数が最悪となった。外を歩くとまばたきせずにはいられなかった。市内の大部分で視界が300~800メートルとなった。

 北京に二つある国際空港では一部の航空便が欠航となった。