谷脇前総務審議官が辞職

接待問題で停職3カ月処分受け

©一般社団法人共同通信社

参院予算委で答弁する谷脇康彦氏=10日

 武田良太総務相は16日の記者会見で、同省幹部らへの接待問題を巡り前総務審議官の谷脇康彦氏を同日付で停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。谷脇氏は辞職願を出し、受理された。谷脇氏の同意を得たため退職金の支払いは留保する。同様に接待を受けた巻口英司国際戦略局長は減給10分の1(2カ月)とした。2人が利害関係者からの接待を禁じる国家公務員倫理法の倫理規程に違反したと認定した。

 谷脇氏については東北新社による接待を巡る調査の際、NTTからの接待を申告しなかったことが国家公務員法の信用失墜行為などに当たるとも判断した。武田氏は「深くおわび申し上げる」と述べた。