連載「SNSマーケティングの処方箋」(1)インスタのグーグル化、どう向き合うか

© 国際商業出版株式会社

インスタグラム(Instagram)の月間ユーザー数は全世界で10億人(2020年11月時点)(※1)、国内でも3300万人(19年3月時点)を突破(※2)している。20〜30代の女性を中心に幅広い年代で利用されており、多くの企業にとって無視できない存在になりつつある。とりわけ化粧品業界はインスタグラムのビジネス活用が盛んだ。

主な理由は二つある。一つは、インスタグラムにはアプリ上で商品を購入できる「ショッピング機能」が搭載されている点だ。特に日本のユーザーは、ショッピングタグなどから商品の詳細を確認する割合が他国の3倍高いというデータも出ている(※1)。

ランキング調査と同じ条件で抽出した頻出単語ワードマップも紹介する。

コスメ関連の頻出単語ワードマップ(2021年1月~3月までの集計データ。インスタグラムの投稿のキャプションに並んでいる文字列を元に抽出。「#コスメ」「#メイク」のトップ投稿合計4000件がもと。示唆にならない接続詞や諸々のノイズは除去)

このように、検索から購入までをインスタグラム内で完結させる購買行動は既に発生している。ホーム画面に追加されたショッピング機能により、インスタグラムでの買い物がより手軽になっていくことも鑑みると、ハッシュタグ検索起点の購買行動が加速する流れも起こるかもしれない。

SNS時代特有の検索・購買行動が台頭する状況下で、企業はどのようにハッシュタグを活用すればよいのだろうか。ポイントは、情報収集と情報発信の二つの軸から施策を考えることである。

次に、情報発信の観点である。

グローバルでのソーシャル・ビッグデータの流通と分析ソリューションの提供により、ソーシャル・ビッグデータを価値化する企業である。市場や自社・競合、顧客の声やキャンペーン反響などの各種調査、ターゲットユーザーのプロファイリング、ブームの兆し発見などマーケティングROI(投資収益率)向上や製品改善、経営革新や予測など、ビジネスにおけるソーシャル・ビッグデータの幅広い活用を支援している。さらにデータを基にプロモーションも提供することで、クライアントのSNSマーケティング全般をサポートする。
[ホームページ]
https://www.hottolink.co.jp
[サービスに関する問い合わせ先]
https://www.hottolink.co.jp/service/contact/

【動画資料を公開中】コスメ商材の売上を伸ばすLIPS × SNS活用術

(※1)Instagram、世界の月間アクティブアカウント数は10億に。日本のハッシュタグ検索は他国と比べて5倍 | Web担当者Forum

(※2)Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破 – Facebookについて

(※3)高校生・大学生のTwitter・Instagram利用目的1位は「情報収集」 | EdTechZine