大河「青天を衝け」尾高千代役・橋本愛さん、注目シーンなど語る「吉沢亮さん、同じにおいを感じた」

© 株式会社埼玉新聞社

大河ドラマ「青天を衝け」で尾高千代役を演じる橋本愛さん(NHK提供)

 「近代日本経済の父」と称される埼玉県深谷市出身の実業家・渋沢栄一が主人公を務める大河ドラマ「青天を衝け」で、尾高千代役を演じる橋本愛さん。栄一のいとこで、のちの妻となる千代について「栄一と同じぐらい情熱があって、周りの幸せのために努力してきた人物」と役どころを語る。橋本さんが感じた千代の魅力について聞いた。(森本勝利)

 ―大河ドラマ「青天を衝け」の放送がスタートしたいまのお気持ちは。

 コロナ禍の状況でありながらも、視聴者の皆様に作品をお届けすることが出来て、ほっとしています。約半年前から撮影が始まっていたので、仕上がりが想像できませんでしたが、いまは毎週の放送が楽しみになっています。

 作品内には軽妙な場面が散りばめられていて、あまり歴史の知識がない人でも、肩ひじを張らずに見られると思います。これまで大河ドラマに縁のなかった方々にも、ぜひ楽しんでいただきたいです。

 ―演じる尾高千代役の見どころは。

 作品での千代はかわいらしく柔らかい印象だけど芯があって、みんなに愛される女の子でありながら、内側には後の夫となる渋沢栄一同様の熱さを秘めています。栄一と家族になり、より人としての幹が太くなる様を感じてほしいです。

 第3回では、兄の惇忠に「論語を学びたい」と訴える場面がありました。当時は、女性が学ぶことが一般的ではない時代。その思いを言葉にしてぶつけて現状を打破する姿は、同性としても惹かれますね。

 ―吉沢亮さん演じる渋沢栄一との夫婦シーンにも注目が集まります。

 夫婦になってから、より二人の少女漫画味が強くなってきています。バックハグや少し照れくさいセリフなど、これは女の子がキュンキュンするために書かれたのでは、と思うような場面が随所に登場します。  

 意識しているのは「滲み出る愛情」。千代は上品なので、栄一への愛が思わず溢れそうになるのを抑えています。千代の心の葛藤や、妻として家を守る使命を果たしながら成長する様子を演じたいです。

 ―橋本さんが考える「渋沢栄一」の魅力とは。

 商才がずば抜けていて、いくらでもお金を稼げた人物だけど、周囲の人たちのために自分の才能を使ってきたところに、ぐっときました。道徳と算盤の両立は難しいことですが、生涯をかけて道徳を一番に重んじた上で、ビジネスに尽力してきた人物だと思います。

 人の心を最も大切にして事業を進めることは、いくら頭では分かっていても実行するのは容易ではない。人はこうあるべきだという理想であり、心の底から尊敬しています。

 ―吉沢亮さんの印象について。

 共通の知人である杉咲花さんから、吉沢さんは「人見知り」と聞いていたので、少し安心していました(笑)。私もすごく人見知りで、一緒で良かったと思いながら現場入りしました。無理なくその場に佇(たたず)む姿を見た時、私も「頑張らないことを頑張る」タイプなので、同じにおいを感じましたね。

 一方で渋沢栄一を演じる時は、色彩豊かな表情ではつらつとした人物になり、とても魅力的な方だと思いました。   ―最後に読者・県民にメッセージを。

 千代も栄一と同じように、周りの人のために行動することが、自分の幸せだと子どもの頃から気づいている人です。物凄く頭がよく、言葉数は少なくても常に頭と心を動かして、より良い未来のために選択を重ねていきます。周りの大事な人たちを守りたいという気持ちが千代の強さの根源になっていると思います。

 みんなが笑顔になるためなら努力を惜しまない千代が栄一と成長していく力強さを、作品から感じてほしいです。

■橋本愛(はしもと・あい)

 1996年1月12日生まれ、熊本県出身。O型。2008年、ニューカム「HUAHUAオーデション」にてグランプリを受賞し、芸能界デビュー。2009年、雑誌「Seventeen」(集英社)のミス・セブンティーンに選ばれ、専属モデルとして活動開始。2010年、映画「告白」に出演し注目を浴びる。主な出演作は映画「桐島、部活やめるってよ」、「リトル・フォレスト」シリーズ、「寄生獣」二部作、「私をくいとめて」など。NHKでは、連続テレビ小説「あまちゃん」をはじめ、大河ドラマは「西郷どん」「いだてん~東京オリムピック噺~」など出演。

(埼玉新聞3月16日付 渋沢栄一「青淵の世明け」特集より抜粋)

=埼玉新聞WEB版=

吉沢亮さん演じる渋沢栄一(左)との夫婦シーンにも注目が集まる(NHK提供)

この記事はいかがでしたか?