【マレーシア】日通、日本でハラル認証対応の航空貨物輸送[運輸]

©株式会社NNA

日本通運はこのほど、日本国内でハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)認証対応の航空貨物輸送サービスを開始した。

日通の企業間取引(BtoB)向け国内航空貨物輸送サービス「エクスプレスハイスピード」の一環として提供する。料金は通常と同様で、全国のどの地域からも段ボール1個から発送でき、翌日配達や時間内配達、営業所止めなどのサービスにも対応する。

同社によると、ハラル品の専用ラベルを貨物に貼り付けることで視認性を高め、従業員が注意を払えるようにした。業務に従事する従業員は、ハラルに関する教育を受けているという。

日通は「日本国内のイスラム教徒(ムスリム)人口が約20万人に達する中、多様な文化的背景を持つ外国人が増加し、今後もハラル製品の需要が増えることが予想される」と新サービス導入の狙いを説明。主な取扱品は、冷凍・冷蔵品を除く加工食品を想定しているという。

同社は2014年に日系企業として初めて、マレーシアでハラル物流認証を取得した。日本では16年に倉庫に関するハラル認証を取得し、小ロット貨物の混載輸送を目的としたハラル専用ロールボックスや、大ロット貨物を対象としたハラル専用鉄道コンテナを導入し、ハラル食品などの取り扱いを増やしている。