米グーグル、手数料半分に

売上高1億円まで全業者

© 一般社団法人共同通信社

グーグルの看板=米カリフォルニア州(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米グーグルは16日、基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載端末向けアプリ販売市場「グーグルプレイ」で、出品事業者から徴収している手数料を見直すと発表した。全てのアプリ業者を対象に年間100万ドル(約1億900万円)の売上高まで手数料率を30%から半分の15%に引き下げる。7月1日から実施する。

 ライバルの米アップルは今年1月、小規模な業者の手数料率を30%から半分の15%に引き下げた。両社のアプリ市場を巡り、一部の事業者は運営や手数料への不満を強めている。こうした批判や規制強化をかわす狙いもあるとみられる。