三菱電機、杉山社長ら3人を処分

新入社員自殺で報酬減額

© 一般社団法人共同通信社

 三菱電機は17日、2019年8月に20代の男性新入社員が自殺した問題を受け、杉山武史社長ら3人の役員報酬を減額する処分を発表した。杉山社長が基本報酬の月額50%、人事などの担当役員2人は月額20%をそれぞれ2カ月減額する。3人は昨年、役員報酬の一部を自主返納したが、改めて経営責任を明確化する。

 男性社員は、同社の技術開発を担う生産技術センター(兵庫県尼崎市)に勤務。仕事の強いストレスにより精神障害を発症したのが原因として、尼崎労働基準監督署が今年2月に労災認定した。職場で「自殺しろ」などと言われたとする書き置きが見つかっていたという。