原発再稼働条件の規定見直しも

規制委、柏崎刈羽の防護不備で

© 一般社団法人共同通信社

記者会見する原子力規制委員会の更田豊志委員長=17日午後、東京都港区

 原子力規制委員会の更田豊志委員長は17日の参院予算委員会で、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の核物質防護不備を受け、再稼働の条件として了承済みの保安規定の再審査の可能性に言及した。更田氏は同日の記者会見で「核物質防護に劣化があったら、安全に影響を与えないとは考えにくい。まず防護の検査をやり、反映させる部分があれば保安規定に反映させる」と説明した。

 検査では、現場の職員や原発所長、小早川智明社長ら経営層の問題への関与を明らかにすると強調。小早川氏との面談について「予定はないが否定しない」と述べた。

 更田氏は、核物質防護規定についても再審査を示唆した。