対中朝で日韓関係改善を要求

米国防長官、韓国国防相と会談

© 一般社団法人共同通信社

17日、ソウルの韓国国防省で写真に納まる米国のオースティン国防長官(左)と韓国の徐旭国防相(韓国取材団・共同)

 【ソウル、ワシントン共同】米国のブリンケン国務長官とオースティン国防長官が17日、日本を離れて韓国入りし、鄭義溶外相、徐旭国防相とそれぞれ会談した。韓国国防省関係者によると、オースティン氏は朝鮮半島周辺やインド太平洋地域の脅威に共同で対応するため「日韓関係改善を通じた日米韓協力が重要だ」と強調した。北朝鮮だけでなく中国への対処に必要だとして文在寅政権に対日関係改善を迫った形だ。

 米国防総省によると、オースティン氏は会談で「北朝鮮と中国による前例なき脅威のため、米韓同盟はかつてなく重要だ」と強調した。