ヒロシが「縄文時代のキャンプ」を初体験! 縄文と現代~二つの時代をキャンプが結ぶ~新感覚の動画を配信

© 有限会社ルーフトップ

株式会社朝日新聞社は、 3月18日(木)からKDDI株式会社が運営する「auスマートパスプレミアム」向けにコンテンツ提供を開始した「マルチアングル動画」の第2弾として、 縄文時代と現代のキャンプを同時に仮想体験できる新感覚の動画を配信。

10月から東京都江戸東京博物館にて開催予定の特別展「縄文2021-東京に生きた縄文人-」(朝日新聞社など主催)とのコラボレーション企画を兼ねるもので、 ソロキャンプの様子を配信しているタレントのヒロシさんに、 「縄文キャンプ場」と「現代キャンプ場」を行き来しながら、 二つの時代の野外生活を1日たっぷり楽しんでもらう様子に密着。

マルチアングル動画とは、 最大4つの映像を、 同時に視聴しつつ、 好きな画面に切り替えて楽しめる動画コンテンツ。新聞社が作る、 本格的な教養バラエティー動画を複数アングルでお楽しみいただける。

番組概要

太古、 縄文時代でも行われていたであろうキャンプ。 今回は、 チャンネル登録者数108万人を誇るYouTube「ヒロシちゃんねる」で数々のソロキャンプの様子を発信しているヒロシさんが、 現代と縄文、 二つの時代のキャンプを同時に体験するという、 まったく新しいスタイルのキャンプに挑戦。 縄文キャンプに憧れはあったけど本格的にやったことはないというヒロシさん。 展覧会と連携した時代考証にもとづき、 当時の食材や道具を再現した縄文キャンプ場では、 ライターもナイフも鉄板もランプもなく、 すべてが手作業。 キャンプの名人は、 果たして古代の人々の暮らしをどう感じたのか。 土器で料理する場面も登場し、 縄文ファンもキャンプファンも楽しめる番組。 「縄文×現代」ヒロシキャンプURLはこちら。