新型コロナ 宮城県、独自の緊急事態宣言へ

© 株式会社河北新報社

宮城県庁

 新型コロナウイルス新規感染が急速に再拡大しているのを受け、宮城県は18日、独自の緊急事態宣言を出す方針を固めた。村井嘉浩知事、郡和子仙台市長が午後5時半から、県庁で共同記者会見し、感染対策の徹底などを呼び掛ける。飲食店などへの時短営業要請は行わない見通し。
 県内の感染状況は1月下旬に落ち着いたが、2月下旬以降、急増。17日の新規感染者は過去最多の107人に上り、18日は98人の感染が確認された。