日銀、副作用軽減へ金融政策修正

投信の購入減額も

© 一般社団法人共同通信社

日銀本店

 日銀は19日、金融政策決定会合を開き、大規模な金融緩和策の副作用を軽減するため政策の修正を決めた。上場投資信託(ETF)は、株価が上昇している局面では購入を減額する方針を明確にし、買い入れ額の縮小に道を開いた。0%程度に誘導している長期金利は0.25%程度まで上昇を容認すると明示。国債を長期保有する年金や生命保険の運用改善が見込まれる。

 コロナの影響で2%の物価上昇目標達成には時間がかかる見通しだ。日銀は今回の修正で緩和のさらなる長期化に備える。黒田東彦総裁が19日午後に記者会見する。マイナス金利や、長短期の金利操作など緩和策の枠組みは維持した。