4月は1日2往復 GWは3往復 南紀白浜―羽田

© 株式会社紀伊民報

 日本航空は、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う需要を踏まえた4月以降の減便を発表した。南紀白浜(和歌山県)―羽田(東京)の定期便は、4月は28日まで朝と夕の1日2往復運航し、29日~5月5日のゴールデンウイークは、通常時と同じ1日3往復になる。

 白浜―羽田線の今回の減便は今年1月に始まり、1往復だけの日も多かった。和歌山県によると、1、2月の定期便利用者は6795人。昨年比では23%だった。

■片道5290円も

 日航は、国内航空券を期間限定で割安にする。白浜―羽田線の最安値は片道5290円になる。販売は24日まで。搭乗対象は4月13日~6月30日(4月29日~5月5日は除く)の朝に白浜を出発する便と、夕方に羽田を出る便。

 販売期間中の購入分は、キャンセル料が不要。払い戻し手数料の440円はかかる。