岡山で「アート列車」出発

倉敷・大原美術館の名画あしらう

© 一般社団法人共同通信社

大原美術館所蔵の名画をラッピングした「アート列車」=21日午前、岡山県倉敷市

 岡山県総社市と広島県福山市を結ぶ第三セクターの井原鉄道は21日、岡山県倉敷市にある大原美術館所蔵の名画をラッピングした「アート列車」の出発式を同県井原市の井原駅で行った。終了後には関係者が試乗した。

 クラウドファンディングで集まった721万円で改装。エル・グレコの「受胎告知」やモネの「睡蓮」など30以上の作品を切手のようにデザインし、車両の内外にあしらった。22日から1日2往復ほど運行する。

 出発式で大舌勲井原市長は「2018年の西日本豪雨や新型コロナウイルスの被害を受けている地域で明るい話題だ。鉄道、美術ファンら多くの人に感謝したい」と話した。