ヘタフェ久保建 7試合ぶり先発で魅せた!同点弾アシスト

© 株式会社東京スポーツ新聞社

久保建英

スペイン1部ヘタフェのU―24日本代表MF久保建英(19)が21日、ホームのエルチェ戦で7試合ぶりに先発起用された。

ともに残留争いに巻き込まれているチーム同士とあって、ヘタフェとしては負けられない一戦だったが、前半20分に先制される苦しい展開となった。

しかし1点をリードされた後半20分、久保のアシストから同点ゴールが生まれた。ペナルティーエリア内右に侵入すると、中央にグラウンダーのクロスを供給し、FWエネス・ユナル(23)の同点弾をお膳立て。1つの結果は残したが、ヘタフェ初ゴールはお預け。負傷者や出場停止選手が出た影響で回ってきた先発のチャンスで大きなインパクトを残せないまま、後半27分にピッチを退いた。

その後、チームはペナルティーエリア内の相手ハンドでPKの大チャンスを得るが、FWアンヘル・ロドリゲス(33)が決められず、勝ち越しに失敗。試合は1―1のドローに終った。