木村花さん中傷で賠償請求

母親「投稿した言葉の責任を」

© 一般社団法人共同通信社

記者会見する木村花さんの母響子さん=22日午前、東京・霞が関の司法記者クラブ

 フジテレビの番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー木村花さん=当時(22)=が亡くなった後、ツイッターに「地獄に落ちなよ」などと投稿し、遺族の心情を傷つけたとして、母親の響子さんが長野県茅野市の男性に約294万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が22日、東京地裁(田中寛明裁判長)で開かれた。男性側は出廷せず、反論はなかった。

 響子さんは閉廷後、東京都内で記者会見し「被告は、花に対してしたことに向き合ってほしい。投稿した言葉の責任を取らせることが世の中のためになると思っている」と語った。