残り8分、BMWとの接触を間一髪回避「幸運だった」と開幕の雪辱を果たしたポルシェ/IMSAセブリング12時間

©株式会社サンズ

 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第2戦セブリング12時間レースのGTLMクラスを制したウェザーテック・レーシング79号車ポルシェ911 RSRのマシュー・ジャミネは、レース最終盤に目の前で起きたトップ争いの接触について、「大クラッシュを回避できて、本当に幸運だった」と語った。

 マット・キャンベル、クーパー・マクニールとともに79号車をドライブしたジャミネは、レース残り約20分で最後のフルコースイエローが解除されたとき、コルベット・レーシング3号車シボレー・コルベットC8.Rのアントニオ・ガルシア、BMWチームRLL25号車BMW M8 GTEのコナー・デ・フィリピに続く、3番手を走行していた。

 残り8分半、デ・フィリピはターン7でガルシアのインに飛び込んだが、2台は接触しコルベットがBMWの前でスピン状態となった。2台は再度接触し、ガルシアのコルベットには大きなダメージが残った。

 その直後にいたジャミネは、右側の芝生にはみ出してコースに復帰しようとしているデ・フィリピを避け、左に針路を取らざるを得なかった。ジャミネは前方で起きた接触については非常に分別のある見方をしているものの、戻ってきたBMWとの大クラッシュを間一髪で回避することができたと述べている。

「それほど近くにいたわけではないが、遠く離れていたわけでもない」とジャミネはSportscar365に対して語った。

「ターン7に入るとき、BMWにはチャンスがあったと思う。コルベットはそれほどドアを閉めなかったように見えたので、BMWがインに飛び込んだ」

「ブレーキに関しては少し楽観的だったかもしれない。エイペックスは僕からは見えなかったが、自分がコーナーに達したとき、彼らはちょうどサイド・バイ・サイドの状態になっていて、互いに少し接触していた」

「そのあと彼らは大きな接触をした。そしてコースの反対側へと向かってたBMWを、僕は避けなければならなかった。僕はただ左へ、そして真っ直ぐ芝生の上を進んでいった」

「あと少しでBMWと大きなクラッシュになるところだったから、そこでは本当に幸運だった。そのあと僕とBMWはコルベットをパスしてターン10に向かって真っ直ぐ下っていった。そこはちょっとクレイジーな戦いだったね」

 このアクシデントによりガルシアはタイヤを損傷、ピットインを余儀なくされた。デ・フィリピには速やかにドライブスルー・ペナルティが言い渡された。これらにより、ジャミネはトップチェッカーへと向かい、ポルシェにとってセブリングで4年連続となるクラス優勝を成し遂げた。

 ジャミネはまた、ウェザーテック・レーシングや(オペレーションをサポートする)プロトン・コンペティションといったプライベーターで勝利することは「素晴らしい」気持ちであると付け加える。

 今回の結果は、開幕戦デイトナ24時間でのウェザーテック・レーシングのGTLMクラスデビューとは、まったく対照的なものとなった。デイトナでは25号車BMW M8 GTEにスタート前に追突され、勝負権を失っていたからだ。

「これまでのように、ファクトリーから完全なバックアップを受け、マニュファクチャラーとして勝利するよりも、さらに気分は良いね」とジャミネは述べている。

「僕はこれまで、セブリングではかなり不運に見舞われていた。とくに2019年、アール(・バンバー)、ローレンス(・ファントール)と組んでいたときはね。彼らと戦った他の耐久レースでもそうだった」

「だから、プロトンとウェザーテック・レーシングとともに、表彰台の頂点に立つのはいい気分だ。今日はひとつ、大きなことを達成できたと思う。長いシーズンは続いていくし、またこういったレースができれば嬉しいね」

GTLMクラスを制したウェザーテック・レーシング陣営

■勝利を失ったコルベット「明らかに失望している」とガルシア

 最終的にポルシェと2台のBMWの後ろで、ラップダウンとなりレースを終えた3号車コルベットC8.Rのガルシアは、レースの大部分でGTLMクラスをリードしたコルベットのファクトリーチームは「表彰台に値する」と語っている。

「この状況全体に、僕は明らかに失望している」とガルシアは述べた。

「僕ら全員にとって、とても厳しいレースだった。僕はなんとか最後の2スティントへと辿りつき、2台ともが全開で戦っていた。勝利は僕らか彼ら(25号車BMW)、どちらかのものだった」

「あの瞬間まで、それはフェアなものだった。すべては良い状態で進んでいた。彼は一生懸命にプッシュしていた。そして僕も、できる限りのプッシュをしていた。良いショーができていたと思うが、その終わり方にはがっかりしたよ」

「いい結果を手にすることができれば、とても嬉しかったと思う。こういった長いレースのあとのブレイクは、タフなものだ。コルベット、チーム・シェビー、そしてファンのことを、気の毒に思う。僕らはもっといい結果を手にするに値した」

残り8分半での接触によってクラス優勝を失った3号車コルベット

 一方、25号車BMW M8 GTEのデ・フィリピは、2012年以来となるGT最上位クラスでのセブリング優勝を手にできなかったにも関わらず、BMWのダブル表彰台獲得には満足している、と述べた。

 デ・フィリピは、チームメイトであるフィリップ・エング、ブルーノ・シュペングラーとともにIMSAミシュラン・エンデュランス・カップにおける3つのポイント獲得点(4時間、8時間、フィニッシュ)のうちの2つで最高得点を手にし、セブリングを後にしている。

「僕らはレースの最終盤で、トップを争える位置につけていた」とデ・フィリピは語っている。

「勝利を味わおうと、リーダーとバトルしようとした」

「僕はチャンスを見つけ、トップを手にしようとしたが、うまくいかなかった。それでもBMWは、2位と3位でレースを終えることができた。ポディウムに立つことができて素晴らしいね」

接触によるペナルティを受けたものの、2位でフィニッシュした25号車BMW M8 GTE