名手ディクソン、優勝の希望絶たれたアクシデントに「とても悔しい」/IMSAセブリング12時間

©株式会社サンズ

 3月20日にフロリダ州のセブリング・インターナショナル・レースウェイで開催された第69回セブリング12時間。このレースで最多115周をリードしたキャデラック・チップ・ガナッシ・レーシングの01号車キャデラックDPi-V.Rは終盤、GTLMカーとの接触によって優勝の権利を失うことになった。この件について事故当時ステアリングを握っていたスコット・ディクソンは「とてもフラストレーションが溜まった」ことを認めている。

 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の開幕戦となったデイトナ24時間レースに続き、ランガー・バン・デル・ザンデ、ケビン・マグヌッセン、ディクソンという布陣でシーズン第2戦セブリングに挑んだチップ・ガナッシの01号車キャデラックは、12時間レースの大半を支配していた。

 しかしレース終盤、ディクソン駆るキャデラックがルーティン作業のためピットへと向かった際に、最終ターン17でコナー・デ・フィリッピがドライブしていたBMWチームRLLの25号車BMW M8 GTEと接触。01号車はこの時点で優勝争いから脱落することとなる。

 アクシデントはキャデラックDPi-V.Rの右サイドと足回りにダメージを与え、修理のためにラップダウンとなった01号車は、最終的にトップから2周遅れの総合5位でフィニッシュ。チップ・ガナッシのキャデラックは349周でフィニッシュを迎えた今レースの内、最多115周をリードしていた。

「とても悔しいよ。ピットエントリーでBMWとぶつかったことは分かっているけれど、どうしてそうなったか理解できないんだ」と語ったディクソン。

「ピットへのコールが非常に遅かったため、僕は時間内にすべてを元に戻そうと必死だった。(最終コーナーのレコードラインから)ピットロードに戻ろうとしたところ、ちょうどクルマがいて僕たちはぶつかった。それは間違いなく大変なことだった」

「みんなが素晴らしい仕事をしていてクルマも速かっただけに、チームには申し訳なく思っている」

「確かに残念だけど僕らはあそこでまで順調にいい走りができた。それはチップ・ガナッシ・レーシングのみんなおかげだ」

 チームメイトのバン・デル・ザンデは3番手からレースをスタートすると、早々に先行する2台を交わして序盤戦をリードする。しかし、トラフィックのなかで再逆転を狙ったポールシッター、ピポ・デラーニ駆る31号車キャデラックDPi-V.Rと接触してしまう。

 01号車とコンクリートウォールに挟まれる格好となったウェレン・エンジニアリング・レーシングのマシンは、ステアリングラックの損傷に見舞われる。この件についてデラーニとチームは激怒した。

 一方、チップ・ガナッシのオランダ人ドライバーは5時間目のピットストップ後にふたたびトップに立ち、2時間後にフルコースコーションが出されるまで後続に30秒以上の大差をつけていた。

 その後に起こったBMWとの接触はチップ・ガナッシにとって、デイトナ24時間レース優勝のチャンスを奪った最終盤でのパンクに続く2度目の不運となっている。

レースの大半をリードしながらBMWとの接触によって優勝争いから脱落したキャデラック・チップ・ガナッシ・レーシングの01号車キャデラックDPi-V.R

■「難しい1日だった」とピポ・デラーニ

 キャデラック陣営のアクション・エクスプレス・レーシング(ウェレン・エンジニアリング・レーシング)にとって今戦は忘れられないレースとなった。

 木曜日に行われた3回のプラクティスすべてで最速タイムを記録し、金曜の予選ではポールポジションを奪った31号車は前述のアクシデントの後、4周遅れでレースに復帰するも、残り2時間を切ったところでギアボックストラブルのためリタイアを喫した。

 31号車はこのレースの勝者となったマスタング・サンプリング/JDCミラー・モータースポーツのトリスタン・ボーティエ駆る5号車キャデラックDPi-V.Rともターン1で接触しており、このアクシデントではフェリペ・ナッセがドライブスルー・ペナルティを受けている。

 その後、マイク・コンウェイに引き継がれたマシンは、フィニッシュまで残り1時間45分でコース上にストップ。これによりレースの最後から2番目のフルコースコションが出された。

「何と言っていいのか……今日はタフな1日だった」とデラーニは述べた。

「僕たちは困難なスタートを切ったが、コースに戻り反撃を開始した。だがその後、別の事件が起きたんだ」

「そして残念ながら、最後はクルマに問題が起きた。大変な1日だったよ」

「次のレースではチームを再結成して、より強くなる必要があるだろう」

フェリペ・ナッセ/マイク・コンウェイ/ピポ・デラーニ組31号車キャデラックDPi-V.R(ウェレン・エンジニアリング・レーシング)