西武が19年育成1位・出井敏博を独立リーグに派遣 渡辺GM「試合にたくさん出てほしい」

©株式会社東京スポーツ新聞社

西武の出井敏博

西武は22日、2019年ドラフトの育成1位・出井敏博投手(23)をルートインBCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズに派遣することを発表した。派遣期間は3月24日から5月31日で球団の「育成、強化」の一環だという。

出井は「埼玉武蔵ヒートベアーズへの派遣は、キャンプ中に渡辺GMから話をいただきました。最初は驚きましたが、その中で実戦経験を積み、結果を出してやろうという気持ちでいます。インパクトのある活躍をできるように頑張ります!
渡辺GMからも期待していると言っていただいておりますし、この派遣をプラスにとらえて取り組んでいきたいです。7月31日までの支配下登録に間に合わせられるように頑張ります」とコメント。

渡辺久信GMは「出井は期待している選手の1人ですし、試合にたくさん出てほしいという思いがあります。まだ彼は実戦経験が少ないですが、経験の数で得られることはたくさんあります。独立リーグは出井にとって今よりも厳しい環境ですが、その中でいろいろなものを習得してほしいと思っています」と派遣の意図を語った。