NHKエンジニアリングシステム・富士通・NTTドコモなど、がんの遠隔手術支援システムの実現をめざす技術実証実験を実施

© 株式会社アールジーン

8K内視鏡カメラを使ってがん手術を行う執刀医に対して、遠隔地にいる熟練の専門医が伝送されてくる8K内視鏡映像を見ながら適切な指示指導を行うことで、熟練医師のいない地域でも質の高い医療提供が可能になると期待されている。遠隔での手術を実現するためには、超高画質ながら大容量の8K映像を無線も含むネットワークで可能な限り遅延を抑え、高画質のままで送受信することが重要である。一般財団法人NHKエンジニアリングシステム、株式会社三菱総合研究所、富士通株式会社、一般社団法人映像配信高度化機構および株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、8K内視鏡カメラであらかじめ撮影した手術中の8K映像を「4K8K高度映像配信システム」を活用し、5G経由で遠隔地に伝送する技術実証実験を実施した。同実証実験では、NHKエンジニアリングシステムが中心となって開発中の8K内視鏡カメラと、オリンパス株式会社が開発した8K腹腔鏡を用いてあらかじめ撮影した手術中の8K映像を、ドコモの5Gを含むネットワークを使って映像配信高度化機構が開発中の同システムに蓄積しつつ、新宿区の「ドコモ5GオープンラボYotsuya(8K内視鏡手術施設/想定)」から、渋谷区の「スクランブルホール(専門医待機施設/想定)」に配信した。さらに、同システムに8K手術映像や動物実験で撮影された腹腔鏡内の8K映像等をデータベースとして登録し、事前の症例研究や研修などに利用できるように5Gネットワークに接続された複数端末に配信することで、どの程度の遅延や画質の劣化などが生じるか、データを集めながら実証実験を行った。その結果、8K内視鏡カメラの映像を、8Kの高画質を保ったまま最小限の遅延で問題なく5Gネットワークを使って遠隔地に配信できることが確認できた。また、同システムにデータベースとして登録し、5Gネットワークで複数端末に同時に高画質のまま配信することもできた。

同実証実験における各者の役割は以下の通り。

  • NHKエンジニアリングシステム:8K内視鏡カメラ映像の提供、遠隔手術支援システムの供出、技術支援。
  • 映像配信高度化機構:同システムの供出。実証取りまとめ。
  • 三菱総合研究所:実証事業の請負、取りまとめ。
  • ドコモ:5Gを含む回線の手配、供出。5G実験施設の供出。技術支援。
  • 富士通:同システムの開発支援、運用、システム設計、技術支援。

なお、同実証実験は、総務省の実証事業「4K8L高度映像配信システムの産業横断的な活用に向けた調査研究」の一環として実施された。プレスリリース提供:富士通