早島町副議長、FBに「不気味」 北朝鮮五輪女性応援団の画像掲載

© 株式会社山陽新聞社

早島町役場

 岡山県早島町議会の佐藤智広副議長(61)が、自身のフェイスブックに、2018年平昌冬季五輪での北朝鮮の女性応援団の画像を載せた上で「不気味」と書き込んでいたことが22日、分かった。佐藤氏は「不適切だった。投稿は削除したい」としている。

 書き込みは今月3日にあり、新型コロナウイルスの影響で無観客開催となった昨季のプロ野球公式戦に言及し、球団側が盛り上げを図ろうと観客席に設置した人型ロボットの画像を掲載。「不気味さでは平昌五輪の北朝鮮『美女応援団』に迫るかも。(笑)」と記し、仮面で顔を覆った北朝鮮応援団の画像を一緒に載せた。

 取材に対し、佐藤氏は「単純に自分が抱いた主観を言葉にしただけで北朝鮮を非難するような意図はない」とし、「誤解を与える内容の投稿をしたことについては真摯(しんし)に受け止め、反省したい」と述べた。

 佐藤氏は現在3期目。20年9月から副議長を務めている。

モラルが必要

 ネット問題に詳しい竹内和雄・兵庫県立大准教授の話 議員にも「表現の自由」があるのは事実だが、広く住民の信託を受ける公職者は社会的影響力が大きいだけに、ネットでの言葉を慎重に選ぶといったモラルが強く求められる。

この記事はいかがでしたか?