米スーパーで銃撃、10人死亡

コロラド州、容疑者1人拘束

© 一般社団法人共同通信社

22日、銃撃事件があった米西部コロラド州ボールダーのスーパーマーケット(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】米西部コロラド州ボールダーのスーパーマーケットで22日、銃撃事件があり、地元警察は警官1人を含む10人が死亡したと明らかにした。容疑者1人を拘束。負傷しており、手当てを受けている。米メディアが伝えた。警察は犯行の経緯や動機を捜査している。

 地元テレビは、下着姿で手錠をかけられた男が捜査員に付き添われ、店舗の外を歩く様子を映像で伝えた。男は出血していたとみられる。

 亡くなった警官は51歳で、2010年からボールダーの警察で勤務していた。

 現場は同州デンバーの北西約40キロ。多くの捜査車両が駆け付け、規制線が張られるなど一時騒然となった。

22日、銃撃のあった米ボールダーのスーパーマーケットから避難する人々(AP=共同)