【イラストでたどる萩往還】

No.24「竪小路」

© 株式会社サンデー山口

文・イラスト=古谷眞之助

 見事に伸びた直線路が、山口市内を北から南に抜ける竪小路である。背後の山の一番低い部分が、越えて来た板堂峠。もともとこの小路は、大内時代に京を模して街作りがされた時の名残である。このように、この周辺には江戸・大内両時代の史跡が混在している。イラストは旧野村酒造で、現在はふるさと伝承センター・まなび館として利用されている。右手には大内時代の八坂神社、築山神社、そして龍福寺、十朋亭が建ち並び、正に歴史遺産の宝庫と呼んでよい場所である。

 萩往還はさらに南進して現在の商店街と交わるが、そこからはアーケードを通り抜けて駅通りを山口地裁まで進む。さらに右に折れて鰐石橋へと進むコースを辿る。