幼稚園連合会が河村氏パー券購入

30万円分「返金した」

©一般社団法人共同通信社

 全日本私立幼稚園連合会の使途不明金問題で、関連団体の代表を務める自民党の河村建夫元官房長官は23日、2015年の政治資金収支報告書で連合会が30万円分のパーティー券を購入していたことが分かったと明らかにした。「法的に問題はないが、国民の疑念を招かないよう返金した」としている。

 河村氏は12日の記者会見で「過去5年分を調べたが、連合会からの政治資金収支報告書に記載すべき寄付はなかった」と説明していた。その後、さかのぼって調査したところ、資金管理団体「建友会」でパーティー券の購入が確認されたという。

 連合会によると、不明金は17~20年度に計約4億円。