中居正広、SMAPは「実家」 解散後の心境明かす

© 株式会社ドットレンド

中居正広が3月23日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)の最終回に出演。SMAPのことや解散してからの心境を明かした。

同番組が最終回を迎えるということで、この日はレギュラーのウエンツ瑛士、ヒロミ、ゲストの中居の本音トークが放送された。ウエンツはレギュラー番組が終了することについて「自分が必要とされていないのではないか」という本音を告白。ウエンツが中居にそのような感情は抱かないのかと質問を飛ばすと、中居は「グループだから、全然違うと思う、個人と」と答えた。

中居はSMAPのことを「実家があるから」と例え「実家にすごく寄っかかってやってるから、解散してひとりになってだんだんメッキが剥がれてきてるなって自分でも感じてるよ」と吐露。ヒロミが「会社も今ひとりでやってるじゃんか。楽しんでやってる?」と尋ねると、中居は「楽しくないですね。エンジョイしようとか娯楽みたいなのはない」と答えた。

さらに中居は、あれやりたい、これやりたい、など肩が回った感じがないとも告白。ヒロミが「そこからは別の生き方だもんな、全然」と頷くと、中居は「習ったことがない生き方だから、どうやったらいいかわからない」と心境を明かした。