お一人キャンプ、貸し切りお花見いかが 越生に新レジャースポット誕生 周囲の目、気にせず楽しめる

©株式会社埼玉新聞社

お一人様専用キャンプ場では、日中でも一目を気にせず思いのままに過ごすことができる=越生町の「ニューサンピア埼玉おごせ」(温泉道場提供)

 他人との距離を保ちながら、自由に自然を楽しんで―。今春、埼玉県越生町には、周りのことを気にせずに余暇を楽しむことができる新たな形のレジャースポットが誕生している。

■お一人様専用キャンプ場

 リゾートホテル「ニューサンピア埼玉おごせ」は、同ホテル敷地内の裏山で、キャンプ場をオープンさせた。このキャンプ場の使用は、お一人様限定で、1日の定員は20人。客に団体・グループはおらず、周りも自分と同じソロキャンプを楽しむ客であるため、静かな空間で気兼ねなく空間を楽しむことができるのが特徴。使用料は2530円。

 知人同士での申し込みも不可としている同キャンプ場。オープン後は、「自分は好きでソロキャンプをしているのに、今までは、周りから不可解な目で見られることがあった。ここでは周りの目を気にせずに楽しむことができる」とのソロキャンプ愛好家からの声も寄せられているという。

■期間限定で「貸切お花見エリア」

 桜の木に囲まれた敷地内の一部を「貸切お花見エリア」として4月4日までの期間限定でオープンさせたのは、複合型リゾート施設「オーパークおごせ」<O Park OGOSE>。一部(午前10時~午後3時まで)、二部(午後4時~同9時まで)をそれぞれ1組1万5800円で貸し出す。タープテント・バーベキューコンロのレンタル付き。1組あたり最大10人程度が目安。

 同施設を運営する温泉道場は「日本の四季・美しい春を感じることができるお花見文化を新しい生活様式に合った形で提供していきたい」と話している。

桜の木に囲まれたスペースで安心・安全なお花見を=越生町の「オーパークおごせ」<O Park OGOSE>(温泉道場提供)