昭和版電動自転車

©株式会社ライトアップ

今でいう電動自転車?通称バタバタ

まだまだ車どころか原付自転車ですら遠い存在だった戦後の時代。
庶民に人気だった乗り物が通称バタバタこと、自転車用補助エンジンだ。

市販の自転車にエンジンを取り付けることで、まるでバイクのように快適に運転が出来たのだという。
空冷エンジンを利用していたこともあり、その走行音から通称がバタバタとなった。

この自転車用補助エンジン。
作り出したのはかの有名な本田宗一郎氏である。

昭和27年には「カブF型」という自転車用補助エンジンを販売し、大ヒット。そして、その6年後、昭和33年にはついにあの生ける伝説「スーパーカブ」が誕生するのである。
まさにこのイラストはスーパーカブの源流とも言える姿を描いているのだ。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)