加齢で低下する脳の修復力を回復させるメカニズムを発見

© 大学ジャーナルオンライン

国立精神・神経医療研究センター(NCNP)、大阪大学、筑波大学らの研究者が、老化により衰えた脳の神経回路の修復力を回復させるメカニズムを解明した。

脳や脊髄の神経回路は、様々な脳脊髄疾患で傷ついたとしても、自然に修復する力をもっている。しかし、加齢にしたがって神経回路の修復能力は劣化し、次第に修復することができなくなってしまうという。

一方、脳や脊髄の神経回路を構成する「髄鞘」という構造は、神経機能の発揮に重要な役割を担うとされ、髄鞘の脱落は脳や脊髄の様々な疾患の病変として観察される。髄鞘の修復にはオリゴデンドロサイト前駆細胞を分化させる必要があるが、加齢に伴いオリゴデンドロサイトの分化能力は低下し、自然に分化することが難しくなる。

このような背景から、本グループは、マウスを用いた実験でオリゴデンドロサイト内の分子発現を調べた。その結果、髄鞘が修復しやすい条件のオリゴデンドロサイトでは、APJ受容体という分子が豊富に発現していることがわかった。逆に、オリゴデンドロサイトに発現するAPJ受容体を欠損したマウスでは、髄鞘形成や運動機能の不良が顕著であることを見出した。

そこで、老齢マウスを用いたさらなる実験を行い、老齢マウスでは体内の生理活性ペプチドであるアペリンの量が低下していること、APJ受容体活性化剤により傷ついた髄鞘の修復が促進されることを突き止めた。培養細胞を用いた実験では、APJ受容体の活性化がヒトのオリゴデンドロサイトの分化も促すことが確認された。

髄鞘の脱落は、指定難病である多発性硬化症の病変でも認められる特徴である。本成果は、APJ受容体の活性化が髄鞘の修復力を改善させ、高齢者の脳機能の向上や髄鞘の傷害が見られる疾患の治療に有効である可能性を示した。

論文情報:

【Nature Aging】Age-dependent decline in remyelination capacity is mediated by apelin–APJ signaling

投稿 加齢で低下する脳の修復力を回復させるメカニズムを発見大学ジャーナルオンライン に最初に表示されました。

この記事はいかがでしたか?