常磐線、衝突で脱線炎上

警察追跡の車と、乗客避難

© 一般社団法人共同通信社

JR常磐線の電車と乗用車が衝突し、炎上した現場=26日午前8時4分、茨城県土浦市

 26日午前0時10分ごろ、茨城県土浦市木田余のJR常磐線土浦―神立間の線路内で品川発勝田行き普通電車(10両編成)と乗用車が衝突した。JR東日本水戸支社によると、先頭車両の一部が脱線し、車とともに炎上。乗客約60人は最後尾の車両から外に脱出した。

 乗客乗員にけが人はおらず、火は消防が消し止めた。車は線路沿いの県道からフェンスを突き破って進入したとみられ、衝突後、電車の下敷きになった。事故の直前、警察車両が似た車を不審車両として追跡していた。近隣住民が衝突現場近くから立ち去る人物を目撃しており、県警は運転手が車を放置して逃げたとみて行方を追っている。