F1バーレーンGP FP1:レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが首位発進。0.3秒差でメルセデスが続く

©株式会社サンズ

 2021年F1第1戦バーレーンGPのフリー走行1回目が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは6番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは7番手、角田裕毅は14番手となっている。

 今季から初日フリー走行は、1回目(FP1)、2回目(FP2)両セッションともに、昨年までの90分から60分に短縮された。新パーツの動作確認、マシンセッティングなどの作業を、これまでの3分の2の時間内にこなさなければならない。各チームにとっては、かなり忙しいセッションとなる。

 初日フリー走行1回目は、現地時間午後2時半から始まった。その時点で気温34度、路面温度47度と、かなり高温のコンディションだ。セッションが短くなった影響か、グリーンシグナルが灯ると同時に14台のマシンが一斉にコースへと出て行った。角田裕毅もソフトを履いて、まずはインスタレーションラップを無難にこなした。

 レッドブル・ホンダのペレスが、1分33秒180のタイムでいきなりトップに立った。直後にルイス・ハミルトン(メルセデス)が、1分32秒844で首位を奪う。両者はともにソフトタイヤを履いている。その後はバルテリ・ボッタス(メルセデス)、フェルスタッペンもソフトで1分32秒台のタイムを出し、両チームの4台が上位4位を独占している。

 前半30分を終えた時点で、ハミルトンが1分32秒214で首位。0.239秒差でフェルスタッペン、ボッタス、ペレスが僅差で続き、フェラーリのシャルル・ルクレールが、ハミルトンから0.690秒差で5番手につけている。

 するとここで初めてソフトを履いたマクラーレンのランド・ノリスが、唯一1分31秒台に入る1分31秒897でトップに立った。この時点でアルファタウリ・ホンダはガスリーがトップから1秒391落ちの8番手。角田はチームメイトからわずか0.112秒差で9番手だ。

 セッション終盤に新品ソフトを履いたフェルスタッペンが1分31秒394でトップを奪い返し、そのままチェッカー。2021年最初のセッションは、レッドブル・ホンダが最速タイムをマークした。0.298秒差でボッタスが2番手、さらに0.205秒差でノリスが続く。そこからは100分の数秒の僅差でルクレール、ペレスが続き、ガスリーはフェラーリのカルロス・サインツJr.を抑えて7番手につけた。まだFP1とはいえ、今季の上位勢は僅差の戦いになりそうだ。

 角田は無難に周回をこなしたものの、トップから1.935秒差、チームメイトにも1秒以上の差をつけられて14番手だった。

2021年F1第1戦バーレーンGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第1戦バーレーンGP ランド・ノリス(マクラーレン)
2021年F1第1戦バーレーンGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第1戦バーレーンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)