桜開花の兼六園27日から無料開園 屋外での飲食禁止

© 株式会社北國新聞社

花が咲き始めたソメイヨシノの下を行き交う観光客=金沢城公園

 石川県金沢城・兼六園管理事務所は27日~4月2日、桜の開花に合わせて兼六園を無料開園し、開園時間を午後9時半まで延長する。新型コロナ感染防止のため屋外での飲食を禁止する。担当者は「今年は静かに花を楽しんでほしい」と話した。

 兼六園には約420本、金沢城公園には約400本の桜が植わっている。同事務所によると現在、ソメイヨシノは三分から五分咲きで、26日には石川門周辺で足を止めて楽しむ観光客の姿が見られた。同事務所は28~30日ごろに見頃を迎えるとみている。

 金沢地方気象台によると、27日の県内は気圧の谷の影響を受けて晴れ後曇りとなる。気象台は朝方、霜による農作物の被害に注意を呼び掛けている。